ほくろ(黒子)の取り方・治療方法

単純ほくろ(黒子)とは、メラニンを生成する細胞が色素を作りすぎることによって出来てしまいます。大きさは1~2mm程で、シミと似ています。その単純ほくろ(黒子)を作る細胞が、なんらかの異常で増えたしまい、大きくなった場合は色素性母斑と言う、ほくろ(黒子)になります。病気の一種ですが、健康に害はない良性のホクロです。大きさは、10mmまでのもので、平らなものや盛り上がったものがあります。5mm以下の小さなほくろ(黒子)...

→ 記事全文を読む

民間療法

焼き梅干 梅干を2個ほど弱火で黒こげになるまで焼き、湯呑みにいれ熱湯を注ぎ、梅干をつぶしながら飲むと効きます。 卵酒 日本酒150ccを温め、卵1ヶと砂糖大さじ2杯を入れ、良くかき混ぜて寝る前に飲むと効きます。風邪の引きはじめの民間療法...

→ 記事全文を読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。